多能工事とは?

新築工事・改修工事(リニューアル)を問わず、工事現場には様々な雑工事が発生します。
そこで、多種多様な道具・工具等を用いて、躯体業者、仕上業者の雑工事を請負い、作業所の潤滑油として活躍し、 各業者が効率良く、又工程を進める上で、気持ちよく作業が進められるように努めています。
又、時には現場監督さんの手元作業等もこなし、 現場全体がスムーズに動くように要領よく行う工事が、多能工事と呼ばれるものです。
作業内容的には、現場のニーズに合わせるので各所で多少の違いが発生してきますが、 各所ケレン、取り付け、バラシ、清掃業務、各所養生、CON打設手元等があります。

多能工事の利点

TTCは当作業所において、耐震改修工事に伴い、躯体工事前の校舎内備品移動や耐震ブレース(鉄骨)取り付け前養生、既存空調機撤去、基礎解体前の養生及び各種各所においての雑工事、最終クリーニング、最終備品設置等々の作業を行っています。
弊社は揚重搬送工事、美装工事、内装工事、多能工事というように、多種多様の専門職種を用意し、お客様のニーズに合った注文に即対応出来るようなシステムになっております。

◯ 多能工事 施行例 ◯

元請   :戸田建設株式会社
現場名称 :東京家政大学A校舎 耐震改修工事
工期   :H19.7.9〜H19.8.31

○現場全体写真

○工事看板設置


○既存部工事に伴う飛散防止養生
(斫りによる粉塵等、飛散防止対策カーテン)
○バルコニー手摺養生(耐震用鉄骨搬入用)

○外部壁面開口部シート養生(現場全休前-台風対策)(風散飛散防止)

○コンクリート打設時の既存部への飛散防止養生

○鉄骨取り付け後、後行程の塗装作業に入る前に、ウレタン、モルタル、ノロ等の付着物をケレン除去します。



◯ 現場入退場管理業務(受付) ◯